ネオロマと美容をたくの愉快な日常Blogです。
DAVID BOWIE IS
 追悼上映を、なんばパークスに観に行きました。

 V&Aで行われた、デヴィッド・ボウイ回顧展のドキュメンタリー。

 どのようなコンセプトで展示をしているか、そして、展示物の一部をコンセプトに則って紹介していました。

 当然ながら、ボウイの生前中に作られドキュメンタリーなので、どこか、これからの活動へも期待感をにじましている。

 一番多くをさかれたのは、やはり、70年代。

 ボウイの偉業を称えるための生前の曲、アルバムのランキングでも、この時代のものが常に上位だから、当然だろう。

 曲は、1983年までのもの、アルバムは1980年までのものがベスト10に入っている。

 冷静に、ボウイの仕事を見れば、妥当な判断だろう。

 迷走しているとささやかれた84年から90年代前半にかけては、ほぼ紹介がない。

 ボウイが生まれたのは1947年で、イギリスでもこの年は爆発的に出生率が上がった年。
 だが、いくら戦勝国であっても、食料は配給制で、子供の頃のデヴィッド・ボウイの配給手帳なんてものが展示されていたり、子供の頃にスーパーで買ったリトルリチャードのブロマイドもあった。

 そして、デヴィッド・ボウイが、デヴィッド・ロバート・ヘイウッド・ジョーンズとして、ヘイウッド・ジョーンズと、マーガレット・バーンズの間に生まれた頃の写真も展示されていた。

 ボウイが育ったのはロンドン郊外で、ここは1960年代半ばまで、ナチスによる空襲の痕が生々しく残る場所であり、労働階級の下層市民が住む場所から、スーパースターが出るのだと、希望を与えた存在になったと、語られていた。

 山本寛斎氏の話も面白かった。

 鋤田正義氏が撮った、有名なジギースターダストのコスチュームは、実は女性用のドレスであれを歌舞伎の引き抜きの手法を使って、二つに割れ、そこから、ニットスーツが出てくるという大胆なコスチューム。

 女性用が着られるほど、細かったんですよねえ。
 LIFE ON MARS? で着たスーツを、「拒食症」の噂があるぐらいスキニーなスーパーモデル・ケイト・モスが着ようとして、ケイトには細すぎて、大きくしなければならなかったというエピソードもあった。

 インタビュー映像、そして数々のPV.

 スペース・オディティのヒット前の映像は私は、中学生ぐらいに見たことがあって懐かしかった。

 さすがに、ボウイの偉業を称える映画なので、マネージメントのごたごたなどは一切なかった。

 デザインした衣装、そして実際に描いた絵画なども移っており、生で見たいと本気で思った。

 様々な写真も興味深く、デヴィッド・ボウイは、一つとして写りの悪い写真はなかったそうだ。

 ”HEROES”のジャケット写真もあった。

 じつはこの有名なジャケット写真、日本で撮られたものです。原宿の小さなスタジオで撮られたものだそう。(イギー・ポップのプロモーションの来日時)

 本当に、この世にもういないなんて、信じられない。

 同時多発テロの1ヶ月後の追悼チャリティイベントで、消防士たちに捧げた”HEROES”を歌う姿が映し出され、切なくなった。

 こんなに生き生きと歌っている、魅力的な人が、もういないなんて。

 ラストに、V&Aの学芸員の女性が、「デヴィッド・ボウイは、これからも新作を作り続け、私たちに感動と驚きを与え、多くの人々に影響を与えるでしょう」という言葉でしめられ、FAMEが流れて、ラスト。

 誰もたたなかった。

 そして、そこにいた人は、ボウイの喪失感に、みんな、涙に暮れました。

 女性は全員泣いていました。

 本当に偉大で、今日、映画を見て、また穴がぽっかり空きました。



 
日々 comments(0) trackbacks(0)
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://blog.arios.babyblue.jp/trackback/913861
<< NEW | TOP | OLD>>